2010.12.15更新

埼玉の有名店『もちもちの木』です。
なんといってもこのラーメンの特徴は、魚介系激アツスープでしょう。
魚介が強いので、ベースがなんなのか私程度の舌ではよくわかりませんが、
魚介系ダブルスープのはしりともいわれております。

ダブルスープとは、2種類のスープを別々に仕込み提供する寸前に合わせるものです。
こうする理由は、動物系(魚だって動物だが)と魚介系のスープは、ピークが異なるからです。
それぞれのスープの一番いいときを味わうためには、別鍋で時間差をつけなければならない、ということなのです。

この他、表面に多めの鶏油、魚粉の大量投入というのもこの店の特徴といえるでしょう。


激アツですから、きちんと音を立てて麺を啜りましょう!
まれに、麺を啜れないという方を目にしますが、
鼻咽腔閉鎖機能不全でもない限り、訓練でどうにでもなります。
そして、口を閉じて咬みましょう!
そうすればそうそう火傷なんかしやしません。
正しく食べる習慣は、良好な歯並び・咬み合わせを育成する可能性が示唆されています。


埼玉県で矯正歯科をお探しなら、矯正歯科飯島クリニックへ!

投稿者: 矯正歯科飯島クリニック

2010.12.15更新

こちらは佐野の有名店、森田屋総本店です。
以前書いた万里ほどの高次元バランスは欠いていますが、
創業数十年で行列の途切れない立派なお店です。
ラーメンは、手打ちの麺が佐野系にしてはやや腰があります。
これが、始めて見る人はびっくりするような乱切りなのですが、
これが実はいろいろな食感を楽しめて面白いのです。

(写真はチャーシューメン大盛り ¥900です)

ただ一つ難点は麺の臭みをスープで消しきれていないところでしょうか。
森田屋系は豚骨を主体とした清湯スープなんですが、
豚骨清湯で豚骨臭を出すのは違和感がありますので、
醤油の香りでこれを打ち消すのが合理的と思われます。

食は五感のすべてを使います。
味覚だけにたよらず、臭覚に注意してみると咀嚼・嚥下がよりいっそう楽しめます!


食べるを考える矯正歯科飯島クリニック

投稿者: 矯正歯科飯島クリニック

2010.12.15更新

こちらは、横浜市港南区鎌倉街道沿い日野インター近くの家系ラーメン店『岳家』です。
一時期、店主の体調不良によって休んでいましたが、最近復活していたのを見つけ、早速入店しました。


それにしても、家系はいつ食べてもすごいパンチです。
麺が太麺でごわついており、決して麺だけで食べられる代物ではなく、なおかつ咬んで食べる麺ですので、
スープが強烈にしてあるわけですね。
おまけにニンニクや豆板醤が自分で入れ放題というのも筋が通っています。
ごわごわ麺を化学調味料たっぷりの強いスープで食らわせる。素晴らしいバランスです。
副作用として、スープはとてもじゃありませんが最後まで飲み干すことはできません。
もっともこういった副作用のでない完全バランスのラーメンも存在するのですが、
これはこれで癖になるのです。

投稿者: 矯正歯科飯島クリニック

2010.12.15更新

渋谷道玄坂のケンタッキー横の路地を入ったところに中華飯店『喜楽』があります。
親子二代で通っている人もいるといわれる老舗です。


スープは、鶏をベースとした清湯スープに濃い口醤油のタレ。
麺は卵を練り込んだ中太平打ち麺で、もちもちとしながらも重さを感じさせない作りです。
これにトッピングされるのがゆでもやし。
出されたラーメンを見て、もやしは邪魔なのでは?などど勘ぐりましたが、
食べてみれば、表面に浮く焦がしネギ入りの油がいいつなぎとなり、
大満足でした。
こういった老舗にはいつまでも残って欲しいところです。


いつまでもしゃきしゃきモヤシともちもち麺が咬めますように!矯正歯科飯島クリニック

投稿者: 矯正歯科飯島クリニック

2010.12.01更新

再び栃木県佐野市の『万里』へ!
相変わらず素晴らしいバランスです!
このラーメンについては過去に万里1、万里2で褒めまくっていますので、
今更説明する必要もないでしょう。
今回はおみやげラーメン(生麺3食入り/スープ付きで¥1,050)を買って帰りました。
麺はまさしく店で使用している手打ち麺そのものです。
スープはお湯で薄めて使う何のへんてつもないものですが、
なにせ麺を食らわせるラーメンですから、
家で食べても十分に満足できました。

いつまでも健康でうまいものを食べたい!
これは幸せの基本の1つです。
少しでも矯正歯科治療が国民の健康維持・増進につながればと思います。


三郷市から矯正なら矯正歯科飯島クリニックへ!

投稿者: 矯正歯科飯島クリニック

2010.12.01更新

茨城県日立市の東町でなんとサンマー麺に遭遇しました。
ラーメン麺吉というお店です。
簡単に言えばもやしのあんかけ麺なのです。


サンマーメン(サンマーめん、生碼麺、生馬麺)はラーメンの一種で神奈川県のご当地ラーメン。
細麺を使った、塩もしくは多くの場合醤油味のスープのラーメンの上に、歯ごたえが残る程度に炒めたモヤシを片栗粉を溶いたあんで絡めて乗せた麺料理です。
モヤシ炒めの中にはキャベツやキクラゲ等の野菜や蒲鉾、豚肉の細切り等も入っていることもあり、皿うどんのあんかけによく似ています。
モヤシがメインのあんかけではあるが、「肉そば」の肉を減らして野菜を増やしたものが原型とされており、いわゆる「もやしそば」ではないそうですが、違いは正直良く分かりません。
発祥は戦前の横浜中華街の聘珍楼とも、伊勢佐木町の玉泉亭ともいわれており、各店舗のメニューにもその旨が記載されている。
神奈川県ではこのサンマーメンを県のご当地料理としてアピールしていく動きがあるようです。
「秋刀魚」とは関係はないんです。
つなみに気仙沼市は秋刀魚の水揚げが多いのですが、そのせいか秋刀魚を出汁に使ったラーメンや秋刀魚のつみれの入った秋刀魚ラーメンを見かけることがあります。

寒い時期にはこういったあんかけ麺はありがたいかぎりです。



茨城県から矯正歯科をお探しなら『矯正歯科飯島クリニック』へ!

投稿者: 矯正歯科飯島クリニック

矯正歯科飯島クリニック048-999-5333 各種カードの取り扱い※36回払いまで金利・手数料0 矯正歯科飯島クリニック診療カレンダー
無料相談はこちら048-999-5333 あなたの歯並びはどれ? 当医院が選ばれている理由 診療の流れ 目立たない矯正をしたい 費用を抑えて矯正したい 成人の矯正をお考えの方 お子さまの矯正をお考えの方 あなたの歯並びはどれ?
交通アクセス 交通アクセス