2014.12.11更新

三郷、八潮地域というのは旨いラーメン屋がほとんどありません。

そんな中私が良く利用するのが、三郷市戸ケ崎の『飛天』です。

この店は、『愛の貧乏脱出....なんとか』というTV.番組出演店で、松戸の有名店『とみ田』で修行をしています。

回転当初は大行列だったそうですが、今では土曜日の昼時でも待たずに入れます。

ここでの一押しが『角ふじ』という二郎インスパイア系です。

 

飛天1

 

真横から。麺少なめ、アブラ少なめ、野菜増し。

飛天2

斜め上方から。ニンニク増し!

飛天3

 

角ふじは、茨城県の谷田部I.C.近くに総本山がありますが、東池袋大勝軒の近くにあったアパート『角ふじ荘』の名前からとられたとも言われておりまして、『とみ田』は大勝軒出身の『こうじグループ』出身なわけで、そこでこの『角ふじ』がつながるわけですね。

 

味は確実に総本山を凌駕しております!いい意味で進化を遂げたといえるでしょう。

ジロリアン的視点で見ると、仕事の雑さが足りないかというか、丁寧すぎるし、突出したパンチもなく少々役不足なのかもしれません。

私はジロリアンであるとともに、白河の鶏ガラ清湯も佐野の豚骨清湯も大好きないわゆるトータルラーメンマニアです。

そんな私にとっては、『飛天』は二郎系における完全バランス型ラーメン(車の直6やV12,ボクサーエンジンのような)と言わしめる力を持っていると信じてやまないのです。

 

佐野ラーメンなどは、ほとんど噛まずに飲み込みその時の喉越しを味わうわけですが、二郎系ではモヤシとパンチのある濃いめのスープと合わさった極太麺をワシワシと咀嚼する、つまり歯触りを味わう食です。

 

こういった歯触りをずっと楽しむためには、きちんとした咬み合わせが必要となります。

ブログのどこかで80才で20本歯が残っているとおいしく食がとれると言いましたが、80才で20本歯が残っている人には重大な咬合異常(不正咬合)があまり認められなかったことも事実なわけで、いつまでも食を楽しむためには歯科矯正治療が大変有効であるといえるでしょう。

 

 

 

三郷市、足立区から矯正治療なら『矯正歯科飯島クリニック』へ!

投稿者: 矯正歯科飯島クリニック

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

矯正歯科飯島クリニック048-999-5333 各種カードの取り扱い※36回払いまで金利・手数料0 矯正歯科飯島クリニック診療カレンダー
無料相談はこちら048-999-5333 あなたの歯並びはどれ? 当医院が選ばれている理由 診療の流れ 目立たない矯正をしたい 費用を抑えて矯正したい 成人の矯正をお考えの方 お子さまの矯正をお考えの方 あなたの歯並びはどれ?
交通アクセス 交通アクセス