2010.12.15更新

渋谷道玄坂のケンタッキー横の路地を入ったところに中華飯店『喜楽』があります。
親子二代で通っている人もいるといわれる老舗です。


スープは、鶏をベースとした清湯スープに濃い口醤油のタレ。
麺は卵を練り込んだ中太平打ち麺で、もちもちとしながらも重さを感じさせない作りです。
これにトッピングされるのがゆでもやし。
出されたラーメンを見て、もやしは邪魔なのでは?などど勘ぐりましたが、
食べてみれば、表面に浮く焦がしネギ入りの油がいいつなぎとなり、
大満足でした。
こういった老舗にはいつまでも残って欲しいところです。


いつまでもしゃきしゃきモヤシともちもち麺が咬めますように!矯正歯科飯島クリニック

投稿者: 矯正歯科飯島クリニック

2010.12.01更新

再び栃木県佐野市の『万里』へ!
相変わらず素晴らしいバランスです!
このラーメンについては過去に万里1、万里2で褒めまくっていますので、
今更説明する必要もないでしょう。
今回はおみやげラーメン(生麺3食入り/スープ付きで¥1,050)を買って帰りました。
麺はまさしく店で使用している手打ち麺そのものです。
スープはお湯で薄めて使う何のへんてつもないものですが、
なにせ麺を食らわせるラーメンですから、
家で食べても十分に満足できました。

いつまでも健康でうまいものを食べたい!
これは幸せの基本の1つです。
少しでも矯正歯科治療が国民の健康維持・増進につながればと思います。


三郷市から矯正なら矯正歯科飯島クリニックへ!

投稿者: 矯正歯科飯島クリニック

2010.12.01更新

茨城県日立市の東町でなんとサンマー麺に遭遇しました。
ラーメン麺吉というお店です。
簡単に言えばもやしのあんかけ麺なのです。


サンマーメン(サンマーめん、生碼麺、生馬麺)はラーメンの一種で神奈川県のご当地ラーメン。
細麺を使った、塩もしくは多くの場合醤油味のスープのラーメンの上に、歯ごたえが残る程度に炒めたモヤシを片栗粉を溶いたあんで絡めて乗せた麺料理です。
モヤシ炒めの中にはキャベツやキクラゲ等の野菜や蒲鉾、豚肉の細切り等も入っていることもあり、皿うどんのあんかけによく似ています。
モヤシがメインのあんかけではあるが、「肉そば」の肉を減らして野菜を増やしたものが原型とされており、いわゆる「もやしそば」ではないそうですが、違いは正直良く分かりません。
発祥は戦前の横浜中華街の聘珍楼とも、伊勢佐木町の玉泉亭ともいわれており、各店舗のメニューにもその旨が記載されている。
神奈川県ではこのサンマーメンを県のご当地料理としてアピールしていく動きがあるようです。
「秋刀魚」とは関係はないんです。
つなみに気仙沼市は秋刀魚の水揚げが多いのですが、そのせいか秋刀魚を出汁に使ったラーメンや秋刀魚のつみれの入った秋刀魚ラーメンを見かけることがあります。

寒い時期にはこういったあんかけ麺はありがたいかぎりです。



茨城県から矯正歯科をお探しなら『矯正歯科飯島クリニック』へ!

投稿者: 矯正歯科飯島クリニック

2010.11.15更新

今回は郡山市の人気店『北方』です。
これは、一番人気の『肉そば』(¥800)です。


この店の前店主は喜多方の源来軒で修行した方で、いまは二代目が厨房に立っています。

まずスープは豚骨清湯スープにやや多めの化学調味料が入り、背油がガッツリと降り注がれています。
そこに、喜多方でよく使われる高加水の中太縮れ機械製麺が泳ぎます。
もちもちとした食感が心地よく、何度噛んでもスープの味がしっかりと残ります。
チャーシューはバラ肉で小さいながらも厚みのある煮豚が7〜8枚入ります。
最近は舌の上でトロけてしまいそうなチャーシューを多く見ますが、
こちらのものは、そこまで煮込んではなく適度な歯ごたえが残してあります。
噛めば噛むほど味が出るタイプです。
喉越しの良い麺を飲み込むと、背油の残り香が鼻をくすぐります。

一見、背油チャッチャ系と思われがちですが、
甘みが油によるものだけなので、90年代に流行した弁慶や野方ホープ軒などとは異なります。



良い歯並び・咬み合わせは食べるの基本です!

投稿者: 矯正歯科飯島クリニック

2010.11.15更新

福島市で手打ち中華の店を発見しました。
みなの反対を押し切り初入店!

スープを一口。
旨味はほとんどありませんが、魚介系の香りがほんのりと。
麺を啜ると、確かに手打ちで、しかし手打ちにしては中細のなかなかの仕事ぶり。
高加水のため、肌は滑らかで、強めの縮れと腰をようしています。
ところが、咬むほどに鹹水の嫌な香りが口中に広まり、
旨味、醤油の香りの少ないスープは完全に姿を消してしまうのです。

ちょっとした改良でハイレベルな食に化ける可能性はあると感じられた一杯でした。



良い咬み合わせは食の基本です!『矯正歯科飯島クリニック』

投稿者: 矯正歯科飯島クリニック

2010.11.09更新

こちらは、前回の田中商店の系列店で醤油味中華そば専門店です。
田中商店から北へ100mほど歩いたところにあり、最寄り駅はTX.六町駅となります。

こちらの中華そば(¥650)は、見た目とスープが喜多方ラーメンを彷彿とさせるつくりです。
まず、琥珀色の澄んだスープは、豚骨清湯に煮干しの旨味とかつおの香りが加わり、
何とも言えない滋味深さを呈しています。
これに、高加水で肌のなめらかな平打ち中太ストレート麺があわさります。
喜多方ラーメンはさらに高加水で麺がスープを吸いませんので、スープを持ち上げるために縮れ形態となりますが、こちらは鹹水が少なめなのか十分にスープを持ち上げてくれます。
表面には豚の脂か鶏油(チーユ)か判然としませんが、
一層油が浮いており、スープの熱々度合いは最後まで維持されます。
こういった油の浮いたスープはレンゲを使うと良いでしょう。
具は柔らかく煮込んだバラ肉の煮豚に表面に焼きを入れたタイプのチャーシューと、
細めで歯ごたえのあるメンマ、となります。
チャーシューは、丼に盛りつける前にラップで包んでお湯で温めるこだわりを見せます。


丼は直径約20cmほどで小さめですが、
すり鉢形状ではなく、お椀型形状を呈し、
これになみなみとスープと麺が入ります。
よって、麺量は多く(おそらく150g以上)、ほどほどに腰のありますので、
後半は若干食べ疲れを感じることもあります。
よほど空腹でない限り、サイドメニューのおにぎりなどは控えた方が良いかもしれません。


前歯でラーメンが噛み切れますか?  矯正歯科飯島クリニック

投稿者: 矯正歯科飯島クリニック

2010.11.01更新

当院のわりと近所にある豚骨ラーメン店、『田中商店』へ。
足立区一ツ家にある名店で、超ラーメンナビ年間大賞豚骨ラーメンの部で2008/2009年と全国1位に輝いたこともあります。
濃厚豚骨スープは、豚骨臭ぷんぷんで、旨味、こく共に一口目からガツンときます!

写真は、ラーメン(はりがね)です。
鹹水少なめで固めのストレート細麺はスープを良く持ち上げ、
何度咬んでもスープの味が口中に残ります。

焼き海苔にプリントを入れたのは『なんでんかんでん』が最初でしょうか。



いつまでもよく噛み楽しみたいものです。


投稿者: 矯正歯科飯島クリニック

2010.11.01更新

荻窪の春木屋に数年ぶりに訪問しました。

春木屋といえば知る人ぞ知る名店!
横浜ラーメン博物館の広報担当を務められ、ラーメン文化のさらなる普及にご尽力された今は亡き武内氏も、この店によってラーメンに開眼されたとの噂です。

魚介系スープの始祖ともいわれる澄んだ醤油スープからは強烈なカツオだしが感じられます。
かといってその香りは鼻につくでもなく、まるで日本そばのかえしを思わせる上品さを備えています。
麺は低下水の自家製麺で、中太縮れ麺です。
低下水の縮れ麺は、あっさりスープをほどよく持ち上げ、
嚥下後、鼻に抜ける魚介の残り香がなんともさわやかでたまりません。

あらためて、『食はバランス!』を確認させられた一杯でした。

ただし、値段はちょっとびっくりです!
なんと、大盛りチャーシューワンタンめんは一杯1,900円!

これを注文する勇気がどうしても私には芽生えないのです。

写真は、ノーマルなラーメン『中華そば』です。
詳しい料金はこちらから!




いつまでも『食べる』を考えるなら矯正歯科 飯島クリニックへ!

投稿者: 矯正歯科飯島クリニック

2010.10.18更新

味噌ラーメンについて、皆さんこんな経験をされた方は多いと思います。

もやしやキャベツの具を大方食べ終えて、
麺を食べようとしたら、固まりになっていて、重くて麺が持ち上がらない。

なぜ味噌ラーメンでこういったことが起こるのでしょうか。
理由はいくつか考えられます。
1.熱々の具によって丼内が蓋をされた状態になりやすい→麺がのびやすい
2.麺の周囲では、麺から溶出したグルテンと味噌の大豆タンパク質とが合わさって、極度にタンパク質濃度が高くなっている。
おそらくこの2点が主要因であると思われるのですが、
そういえば味噌ラーメンの有名な札幌ラーメンは、
高加水(水分を多く含むのでのびにくい)、高鹹水(表面が滑らかで腰がでる、つまりグルテンが溶出しにくくなる)なんです。

それに対して、白河や佐野の手打ち麺は高加水ではあるものの、麺の良さを味わせるために鹹水量は札幌の機械打ち麺ほどではなく、どうしてものびやすく、グルテン溶出量も多くなるように思えます。
余談ですが、札幌ラーメンのゆで汁は黄色がかっており(鹹水と小麦粉が反応してフラボノイド色素が発色したもの)、かつさらさらとした漿液性であるのに対し、佐野ラーメンのゆで汁は白く濁りそば湯のような粘調度を有します。佐野の有名店では5玉毎にゆで汁を換えているほどです。

とすると、白河系や佐野系の麺を味噌味スープの合わせるには麺とスープの成り立ちを根本的に見直す必要があると思われます。


チャーシューに特徴があります。
見る人が見れば、何系か予測がつくところでしょう。


咀嚼・嚥下機能は不自由を覚えてから始めてその重要性に気付く方が多くいらっしゃるように思えます。

そうなる前に、咬み合わせ治療は『矯正歯科飯島クリニック』へどうぞ。

投稿者: 矯正歯科飯島クリニック

2010.10.12更新

品川の品達ラーメン内『なんつっ亭』に行ってみました。
品達ラーメンは、品川駅京急の線路下にある全国の有名店が7軒入居した施設です。
なんつっ亭は秦野に本店を持つ、熊本ラーメン系の有名店です。
乳化した濃厚な豚骨スープにマー油(ニンニクの焦し油)が浮き、香ばしい香りが食欲をそそります。
これに中太ストレート麺があわさります。(平打ち太麺と細麺を選べるが、細麺といえど中細〜中太です)
マー油が無いと博多系の極細麺が合うのでしょうが、
中太麺と濃厚豚骨スープをマー油がうまくつないでいます。
嚥下後にほのかな残り香が残り、これがつなぎになっていると思われます。

食べ終わった後にややくどさが残りますが、
なかなか高レベルなラーメンでした。


『食べる』の善し悪し、というのは、咬む(咀嚼)、味わう、飲み込む(嚥下)の3つの機能をあわせて評価・判定されるものです。



足立、草加から矯正なら矯正歯科飯島クリニックへ!

投稿者: 矯正歯科飯島クリニック

前へ 前へ
矯正歯科飯島クリニック048-999-5333 各種カードの取り扱い※36回払いまで金利・手数料0 矯正歯科飯島クリニック診療カレンダー
無料相談はこちら048-999-5333 あなたの歯並びはどれ? 当医院が選ばれている理由 診療の流れ 目立たない矯正をしたい 費用を抑えて矯正したい 成人の矯正をお考えの方 お子さまの矯正をお考えの方 あなたの歯並びはどれ?
交通アクセス 交通アクセス